CITROEN SM

あんなに楽しそうな笑顔。見ているこっちまで楽しくなるようだった。

時が経つのも忘れて。

そしてむしのいいことに、いつまでもそんな時間が続くんじゃない かなんて、思ったりして。

むしがいいよね、良すぎるんだよね。

そうはいかないだろうね、ってどこかで思っていたんだ。  

わかっていたんだよね。

きっとこうなるって。

いつだってそうだった。サヨナラの直前に、ずっとこんな風に過ごせたらいいのにな、って思うような、のどかで、きらきらとして、静かですがすがしい時間が来るんだ。

いつだってそう。だからどこかで、そんな予感もしていたのさ。

 分かってたんだ、こうなるって。

それは「夢のような時間」。でも、夢じゃなかったんだ。

確かにこの手で、すくいあげたのを覚えてる

あれは決して夢なんかじゃなかったんだ。すくいあげたあの感触、やさしくて、
サラサラしていて。

温かかったなあ。僕は幸福感を感じたね。

でも、砂って、みんな下に落ちてしまう。指と指の間をすり抜けて。

両手でお椀のようにして。               

べつにそんなに一杯じゃなくたっていいんだよ。

少しだって手の上に残ればいいって、そのくらいにしか思ってないのに。

全然残らないんだから。

「幸せな時間」ってそんなもんだね。

夢じゃないんだ。

夢じゃないんだけど、全然残らない。

陽だまりで暖かくなった砂のぬくもり、そんな微かな感触くらい、しかね。

model:Kanade HOSHINO 

photo:masaru mochida

writter:kentaro nakagomi