FIAT X1/9

あなたにとってこのクルマは?
_MG_6405
そういう言う質問が一番困る。
_MG_6606
あることが当然だけれど、別にとても重い存在なわけでもなく。
むしろ圧倒的にその軽さ。挙動からくるその感覚が、存在そのものにも影響してくるほど。
_MG_6742
朝霧のよう。そんな風に言うこともできるかもしれない。
あたりは霞むが、その中を割って昇り、新しい一日告げる太陽。
_MG_7109
霞を掴むようなというが、時々拝むと、そうそう忘れないものだ。
ひたすら走る。それが日常。
ひたすら走る。呼吸するように。
_MG_7188
これが私の自然だから。
_MG_7206
ドキドキなんていまさらしない。
だって相棒なんだから。
_MG_7251
けれど、ハラハラもしない。
つまりは相棒なんだから。
photogrpher:Masaru Mochida
model:KANA
writter:Kentaro Nakagomi
special thanks:Tomitaku様
http://www.tomitaku.com/