HONDA S600

バイクを置いたいつものガレージ。一息つく、いつもの椅子。
あれ?こんな子いたっけ?
_MG_5153
 
真っ白なボディ。すごく綺麗、ひんやりして気持ちい。
ねぇ、ちょっとお話しない?
あなたのお名前 なんていうの?
_MG_5272
「ホンダ s600.」
白いボディに映えて夏の日差しに輝くシルバーの刻印
知ってる? 私の相棒も、あなたと同じなのよ? 白とシルバー。 
_MG_5358
趣味が合うわね、あなたのご主人様は誰なのかしら。
なんだろう。見れば見るほど安心感が溢れてくるの。
まるで‥昔パパが私を抱きしめてくれたみたいに。
_MG_5328
ちょっとだけ、ちょっとだけ、中に入ってもいい?
あぁ、だめっ。まだ乗れないわ、でも乗りたい…
あなたの周りを、くるくる回って、
_MG_5316
…そっか。私ってあなたに認めてもらえるか不安なのね。
私を受け入れてくれるのか、私を包んでくれるのか。
_MG_5453
ねぇ 上品なセクシーって奥深いと思わない? 
私の憧れるオトナの女性なんだけど、
まだまだ遠い。だって私まだオトナの階段のぼりかけなんだもん。
だから少しお手伝いしてくれないかしら …乗せて!
_MG_5629
「はぁ…」
体に馴染む ワインレッドのシート
手に吸い付く 飴色のハンドル
そしてたまらない 真っ白なボディ
_MG_5595
あ、バックミラー。こんな位置にあるんだ、不思議。
もしアナタと一緒に道を走れたら、きっと全て愛せる。
夏の日差しも愛して、髪をなびかせて、日本ならではって素直に言えそう。
_MG_5680
この夏は、アナタと一緒に色んな所にでかけて。
オトナの階段、駆け上がっちゃおうかしら。
もちろん、上品にセクシーにね♡
_MG_5513
photogrpher:Masaru Mochida
model:Anna
writter:Sally
special thanks:Tomitaku様
http://www.tomitaku.com/