DATSUN BLUE BIRD

黒い杜
_MG_5754
ものすごい熱気の後に
全てを打ち消そうとするかのように
一気に降った雨のせいで涼やかな風が抜ける。
黒の似合う君の微笑みに
まるで合わせるように清々しい。
_MG_5795
そろそろはっきりと背を向け始めた、つかの間の夏。
騒がしいのも、過ぎ去るとなればどこか物憂い。
黒の似合う君の真紅なルージュは明瞭だが、
それがかえってアンニュイに魅せるよう。
_MG_5849
風はどこから吹いてくるのか?
どこまでも黒い杜を抜ける頃にはあの
一瞬にして燃え上がらせるような熱気はないのだろうな。
黒の似合う君のささやき、
眠れない夜も、涼しくなって深く寝入った夜でさえ、
耳を離れることはないだろう。
_MG_5721
夏の灼熱も、
夏の背中、秋の手先の涼風も
その風が消えるまでどこまでも
夏は果てしない黒い杜。
黒の似合う君はきっと常夏の使者。
_MG_5963
今までも毎年そうだったように
来年も、再来年も、
バッチリとキメた黒い夏は来る。
_MG_6131
黒の似合う君は、
その僅かな時だけ現れるような黒い杜の中から、
おいでおいでと、妖しく呼ぶ「黒い杜の精」のようだね。
_MG_6248
ふうっとこちらへ来るようで怖いから、
「また来年」そう言うと僕は扉を締めた。
_MG_6464
目が覚めると虫の声。
秋がさみしげなのではなく
夏が去りゆくからさみしいのではないか。
_MG_6556
ぼんやりと過ぎる晩夏の午後。
磨き過ぎた黒いボディには、もう秋だよ、と
言うように、抜けるような青空が映っていた。
_MG_6322
モデルプロフィールはこちらからどうぞ♡
photogrpher:Masaru Mochida
model:Yuki Sano
writter:Kentaro Nakagomi