Maserati 3500GTIS Sebring

人はなぜ走るのか
安らぎを求めているのだろうか?
それとも「あくまでも高いところ」という
なんとなくエネルギッシュであるようで実はかなり曖昧な高みに上
なんとなく「そろそろいいかな」とでも言いたいのだろうか。
そもそもその双方がどれだけ違うというのか。
_MG_6775
秋の風がふうっと頬をなでると、
なんとなく、そんなことを思うのだ。
 _MG_7023
あっという間に秋である、ことしも。
秋までなんとかしのげた?とおもうだろうか。
いやいや「気づいたら秋」なのだ、いつもいつも。
こうして、たちまち歳月を「やり過ごしてしまう」のはなんとも惜しい気がしてならない。
_MG_7165
出来るか出来ないかはわからない。
しかし、いつもベストを尽くし、高い志を持って戦うこと。
それをしたものは、たとえ手にする装表の成果こそ同じでも
きっと周りの見え方が異なるに違いない。
_MG_7242
またおそらく、すぐ秋が来る。
来年の今頃、同じような物思いにふけることになるだろう。
しかし、たとえそうだとしても、
今しかできないこと。今だから出来ること。
今だからなし得たこと。
そういう積み重ねをして来年の同じ時期を迎えたいと思う。
_MG_7277
いわんや、
もし100年間チャレンジし続けたとすれば
次の100年、何が起ころうとも決して怖気付くことなく、
全てを受け入れることができるに違いない。
_MG_7385
他方、
こんなに歳月の節目の匂いがして、次の芽吹きへの祝祭のように
彩り鮮やかな「秋」が毎年来ること。
それだけで、こんなに幸せなことはないではないか。
そう思わない?
_MG_7413

photogrpher:Masaru Mochida

model:Rei

writter:Kentaro Nakagomi